2009年02月01日

効率的な不妊治療法をお探しであれば

もしも、あなたが効率的な不妊治療法をお探しであれば、
このホームページはお役に立ちます。



不妊カウンセラーが語る不妊症克服法
なぜなら、あなたが妊娠する体質へ一変する、本当に効果的な、
ある方法をお伝えするからです。


まずは、その「ある方法」を実践した方の声をご覧下さい。





待ちに待った、かわいい女の子が我が家に誕生しました。

結婚して初めての出産、この日は私の人生の中でも
記念すべき大切な日になるでしょう。

私も主人も楽天家で、いつかは子供が出来るだろうと思っていました。

好きな仕事をしていましたし、旅行をしたりして
それなりに充実した毎日を送っていました。

また、たまに実家の母からかかってくる子供、子供という
心配の電話も聞き流していました。

しかし、30歳近くなり自分の人生を考えた時、やはり子供がどうしても産みたいと
考えるようになりました。それは主人も同じだったと思います。
そして近所の病院の婦人科で不妊治療を受けることにしました。

人工授精を11回行い、毎回毎回今度は大丈夫なのかな、と希望を持って
治療を続けましたが生理が来るとさすがに落ち込みました。

生理痛もあり辛かったのですが、私達夫婦は楽天家なので、
また今度という気持ちで臨みました。

その後、高橋さんに状況を話した結果、○○○○をやりましょうということに。
年齢を考えても、やるだけのことはやってみようという気持ちでした。

5月最初の診察で先生から期待できると聞かされうれしくなりました。
そして、検査で妊娠しているのが確認できた時の感激は今でも忘れられません。






以下の話は、信じられないかもしれませんがすべて実話です。

不妊症の女性が、妊娠するまでに至った方法なのです。






OLの恵子さん(31歳)は会社に行くたびに、
この言葉を同僚から聞かされストレスを感じていました。

職場では妊娠する人が続出し、自分だけが取り残されたように感じて

「なぜ私だけが妊娠できないの?…」

と、いつも悩み、帰宅時に見かける、赤ちゃんが載っている電車の広告や
子連れの夫婦を見ては泣いていました。
妊娠、出産という言葉にでさえ、神経質になるくらいです。

彼女は20代で結婚し、当時子供はすぐできると思っていたので、
子供は一〜二年ほど夫婦2人の生活を楽しんでから」と気楽に考えていました。
仕事にもやりがいを感じていたので、結婚当初は作らないつもりでいたのです。

ところが、子供がほしいと思い始め、避妊をせずにセックスをしても
まったく妊娠する気配はありません。
30歳を過ぎてからは、妊娠する確率が低くなると聞いていたので
とても焦り始めました。

「まさか、このまま妊娠できないのでは?」

困り果てた恵子さんは、さんざん迷った挙句、
自宅から近い大きな病院へ行くことになりました。
しかし、待ち時間が長く、病院で妊婦とすれ違うたびに
劣等感を感じていやな気分になりました。

ボロボロに疲れ果て、指定された日時に行かないこともよくありました。

それでも我慢して病院へ通い、人工授精まで行いましたが、全然妊娠しません。
堪忍袋の尾が切れて、夫に

「もう病院には行きたくない!」

と、泣きながら八つ当たりしてしまいました。

気がつけば35歳になり、もう妊娠することは不可能だと思ったそうです。

「ここまでか・・・」

あきらめかけた恵子さんでしたが、ある方法を使って
妊娠することに成功したという話を、友人から聞きました。

恵子さんは実行するか悩みましたが、年齢的にも差し迫っていたので
もうやるしかないと覚悟を決めたのです。

その結果・・・

2週間後、恵子さんは妊娠が判明。

今は母子共に順調で、出産日を待ち望んでいるとのことです。

この女性は一体何をしたのか?

なぜ、妊娠することが難しいといわれる不妊症で
これほど短い時間の間に赤ちゃんが出来たのか?

その方法をこれから公開します。
不妊カウンセラーが語る不妊症克服法
posted by koku at 21:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
不妊カウンセラーが語る不妊症克服法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。